『AGA治療マニュアル』おすすめのAGAクリニックはどこ?

AGAの発症メカニズム

 

『AGA治療マニュアル』おすすめのAGAクリニックはどこ?

 

AGAの発症メカニズムには、5αリダクターゼと呼ばれる体内に存在する酵素の作用が深く関わっています。
そもそも5αリダクターゼは特に頭部周辺に多く存在する還元酵素で、男性ホルモンであるテストステロンをジヒドロテストステロンに変換する働きを担います。テストステロンは筋肉の増大・骨格の発達といった男性的身体特徴の構築を担うものであり、圧倒的に男性において多く体内での分泌が為されるものです。これがジヒドロテストステロンに変換されると更にその作用は強化されると共に、毛根にある発毛に関連する受容体と結び付き易くなるという性質を持ちます。

 

この受容体に対してジヒドロテストステロンは、脱毛因子を強く生成させる方向へと働き掛けます。その作用によって前頭部・頭頂部を中心とした薄毛の進行や、比較的若い年代から薄毛が発現するというAGA特有の症状が齎される訳です。

 

このメカニズムを抑止する為には、関連する要素の何れかの要因を取り去ってしまう事が効果的と言えます。しかしテストステロンについては男性機能の維持に不可欠である事から、これを減少させる事は現実的ではありません。一方でジヒドロテストステロンは、既に男性器が完成している場合においては体内での存在が無くなっても大きな問題が起こらない事から抑止が可能です。そして抑止の為には、ジヒドロテストステロンへの変換の役割を担う5αリダクターゼの働きを抑止してしまう事が、テストステロンの維持の観点からも効果的と言えます。5αリダクターゼ自体も必ずしも体内に存在しなければならないものでは無く、遺伝的要因で5αリダクターゼを保有しない人においては肉体的な問題が特に無いにも関わらず、AGAが発生しないという臨床結果も報告されています。

 

従ってAGA治療においては、内服薬・育毛剤等の利用によって5αリダクターゼの働きを抑える事が、育毛環境を整える為に重要な事となって来る訳です。

 

神戸の薄毛治療で人気のAGAクリニック

 

AGA遺伝子検査って?

 

『AGA治療マニュアル』おすすめのAGAクリニックはどこ?

 

薄毛の多くの原因は、AGAと呼ばれる症状によるものであるといわれています。そこで、自分がこのAGAによる薄毛かどうかについては、いくつかのAGAの特徴とされる項目に当てはまるかどうかをチェックすればおよそのことはわかります。

 

しかし、より詳細に調べたいのであれば、AGAの検査をするとよいでしょう。AGAの検査については、最近では遺伝子検査として行われるようになりました。この遺伝子検査により何がわかるのかというと、まず薄毛の原因が男性ホルモンが原因とされるAGAによるものかどうかの確定診断を出すことができます。次に、治療薬に対する感受性について調べることができます。AGAの治療法は、現在主に内服薬による治療が主流ですから、薬が効果的かどうかを調べるということは、今後治療を考える上で重要な問題になってきます。

 

このような遺伝子検査はどのタイミングで受ければよいのかというと、遺伝子情報は変わるということはありませんから、どのタイミングで受けても大丈夫です。しかし、薄毛の進行はある程度進んでしまうと、治療が困難になってしまい、治療薬の効果も減ってしまうので、早期発見、早期治療という観点から言えば、遺伝子検査についてもなるべく早めに受けた方がよいといえるでしょう。

 

最近では、遺伝子検査に関しては、郵送で行うことができるようになってきていますから、それほど手間をかけることなく行うことができます。検査で行うことは、口内の粘膜を採取するだけなので、時間についてもほとんどかかりません。検査結果については、およそ2週間程度の時間がかかりますが、この遺伝子検査は一度受ければよいので、何度も検査を受ける必要はありません。

 

検査の結果AGAであると判定され、今後治療を考えるのであれば、なるべく検査を受けた医療機関で治療を受けた方がよいでしょう。その方が、より詳細に患者の状態がわかっているので、適切な治療やアドバイスを受けることができます。

 

治療を失敗しないために、良いクリニックを選ぶこともAGA治療を成功させるためには大切なことです。

 

『AGA治療マニュアル』おすすめのAGAクリニックはどこ?

 

選ぶポイントや注意する点やチェックポイントは、頭髪を専門に行なっているクリニックであること、内服薬での治療と施術の2種類の治療があるクリニック、安さを売りにしているクリニックではない、などをクリニックを選ぶ際には確認する必要があります。

 

クリニックでAGA治療を行なっているところは多くありますが、実は専門にAGA治療を行なっているクリニックと、脂肪吸引などをメインにしてAGA治療も行なっているクリニックがあるのです。治療でAGAを取り扱っている件数が多いクリニックは、実績も多く技術については研究されていると考えることができます。脂肪吸引などをメインに行なっている美容外科などのクリニックは、費用が高い傾向にあり、高額な医療ローンなどを勧められる可能性もあるトラブルも少なくありません。

 

内服薬の治療と施術を行なっているクリニックは、クリニックの中でも日本皮膚科学会から推奨度Aとされているミノキシジルなどの内服薬や外用薬、育毛のための施術を行なっています。内服薬などは薄毛を確実に改善する効果が期待できますが、進行度合いによっては結果がでないこともあります。その際にはミノキシジルなど成長因子を頭皮に直接浸透させることもでき、進行度合いに応じた治療を施すことが可能になります。

 

治療は進行度合いが異なるため、進行度合いに合わせて行なう必要があります。薄毛治療はメンタル面でのケアも大切です。治療費は高額になりますが、安さだけを強調しているようなクリニックは避けるか、治療が安い理由などや大切な治療内容などを事前に確認する必要があります。治療をクリニックでうけるのはAGAの進行を抑えて、薄毛を解消するためです。治療費が安いの嬉しいことでもありますが、治療を受けた後に、効果が実感できないこともあり、結果的に支払いが高額になる可能性も否めないのです。

 

治療のためにクリニックを選ぶ際は、実績のある安いだけを強調しないことなどを事前に確認して選ぶことが、薄毛を解消する近道になります。

ミノキシジルとプロペシアの話

AGAは生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなるのが特徴で、早ければ10代から起こることがあります。AGAは男性型脱毛症とも言われ進行性で、ほっておくとどんどん髪の毛は薄くなっていきます。男性ホルモンが影響しており、ヘアサイクルが乱れるため、髪の毛が十分に育たないうちに抜けてしまいます。そのためAGAの抜け毛の特徴は柔らかくて、短く、細いものとなります。産毛は残っているので、頭皮を見ると薄いなという印象が強く残ります。

 

AGAの治療薬としてはミノキシジルとプロペシアがあります。ミノキシジルは薬局でも外用薬として手に入り、テレビコマーシャルでも流れるほど有名な薬です。通常クリニックでは内服薬として使用されています。ミノキシジルは血管を拡張する薬でもあるので、内服すると、頭皮の血流も良くなります。血流が良くなると毛根にも栄養が行きやすくなり、発毛を促すことができます。副作用はあまりありませんが、頭皮にかぶれやかゆみといったことが起こる可能性はあります。ですが世界で使用されている薬ですので、信頼性は大変高くなっています。

 

プロペシアはフィナステリドという成分が入っており、内服薬です。フィナステリドは前立腺肥大症の治療に使われていた薬で、薄毛やはげの原因である男性ホルモンを抑制する働きがあり、初期のAGAの際に使用されることが多い薬です。副作用としては性欲減退や勃起不全、じんましんなどを起こす可能性があります。ですが、副作用が出る人は全体の2%にも満たないので安心して飲むことができます。最低3か月は続けて使用しないと効果が現れないとされています。

 

この2つの薬は併用することもできますが、体が慣れるまではどちらかの使用にしておきます。また、クリニックと相談をしながら服用することも大事です。プロペシアを内服しても効かない場合は頭皮が硬かったり、ストレスがたまっている、睡眠不足ということもありますが、もともとAGAでないこともあります。AGAかどうかの判断は自分ではできないので、必ず相談してから服用を開始します。

AGA治療の費用の相場は?保険は適用される?

 

『AGA治療マニュアル』おすすめのAGAクリニックはどこ?

 

薄毛の原因は不規則な生活習慣、睡眠不足、ストレス過多、喫煙、間違った洗髪方法などさまざまです。またこれらの要因以外にも、遺伝的な要素が大きく影響を与えているとされています。

 

しかし薄毛に悩む人の中には、AGAと呼ばれる男性型脱毛症が原因の人も少なくありません。AGAが原因の場合は、医療機関で適切な治療に取り組むことによって状況を改善できる場合があります。ですから遺伝だからといって諦める必要はありません。薄毛が気になりだしたら、できるだけ早い段階で医療機関を受診してみるといいでしょう。

 

医療機関で治療をはじめる場合、気になるのは治療費についてです。AGAは長期間にわたって治療に取り組む必要があるため、治療費についてはしっかりとした計画を立てておく必要があるのです。一般的に治療費の相場は1万円から3万円程度とされています。金額にばらつきがあるのはAGAの治療が自由診療だからです。AGAは命にかかわるような病気とはみなされていないので、健康保険の対象にはなっていません。医療機関が自由に料金を設定できる自由診療ですので、医療機関ごとに治療費が異なってくるのです。

 

基本的にはAGA専門の医療機関よりも、一般的な医療機関のほうが治療費は安く抑えられます。これは単純に治療内容が画一的であり、検査も基本的なものが中心になるからです。薄毛治療を専門に取り扱っている医療機関の場合は、検査内容も多岐にわたるうえ、それぞれの状況に応じた薬で治療することになりますので、それだけ料金も高くなります。

 

どちらの医療機関を選択するかについては、それぞれの懐事情や薄毛治療へ取り組む姿勢などによって異なるので仕方ありませんが、いずれにせよそれなりの金銭的な負担が発生するのは確実ですので、まずは信頼できる医療機関を選択することが重要になります。多くの医療機関でカウンセリングの機会を設けていますので、そのような場を利用して医師との相性を判断するといいでしょう。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ